第三者機関

パソコン

オンラインカジノにも、第三者機関があります。
オンラインカジノのプレイヤーを守るために設立された、eCOGRAというNPOです。

eCOGRAはオンラインカジノの運営とユーザーの間に立って仲介してくれるので、万が一トラブルが起こった際には頼りにできます。
と言っても、英語によるやり取りが必要になるので、最低限の書き方は勉強しておく必要があります。

また、そういったサポート以外にも、eCOGRAは各オンラインカジノサイトを常に監視しており、eCOGRAの定める厳しい査定基準を突破しているところは認証マークが貼られているので、eCOGRAのマークのあるサイトは安心して遊ぶことができます。
eCOGRAの審査の厳しさは、一回で通ったオンラインカジノサイトが存在しないほど。
現在、100以上のサイトが認証マークを取得し、またオンラインカジノプレイヤーの過半数はeCOGRA認証のサイトに集まっているといいます。そこから選んで遊べば、間違いはないでしょう。

悪い業者に注意

ドルの束

オンラインカジノのサイトは、世界中に2,000から3,000も存在すると言われています。
かなりの数が乱立している状態と言えますが、乱立ということは甘い汁をすすろうという業者が集まっているということで、その大半は安心して遊ぶことができません。

オンラインカジノは場所を取らないので、比較的小さい予算で開業することができます。そのためプレイヤーにしっかりした支払いができなかったり、入金したまま消滅してしまったりといったサイトが次から次へと登場している状況にあるのです。
こういったサイトに遭遇しないためには、情報サイトや口コミサイトにはオンラインカジノに関するいろいろな情報が載っていますので、そういったところを参照するといいでしょう。
また、長期間運営しているサイトは信頼できる、など、優良かどうかを判断できる基準もいくつかあります。

短所

金の延べ棒

オンラインカジノのよいところをたくさん挙げてきましたが、メリットばかりとはいきません。
短所もあるので、よく把握しておきましょう。

まず注意しておきたいのは、入出金の煩雑さです。
インターネットを通す上にドルを使う必要があるので、特に出金時には時間がかかってしまうことがあります。ランドカジノの場合は店の中ですぐに両替ができるので、その点は間違いなく短所となるでしょう。
入出金を一元管理できる代替決済サービスを利用すれば、ある程度は面倒がなくなります。
NETellerなどがその代表的なサービスです。

ゲームが豊富

お金が舞う

またオンラインカジノは、ゲーム数の多さも桁違いです。
ランドカジノでは、施設のスペースには限界があるので設置できるゲームの数は限られてきますが、サーバの容量さえ許せばオンラインカジノに制限はありません。大手オンラインカジノサイトになると、200や300もの種類のゲームが揃っています。

また、ボタンを押さずとも勝手に回してくれるスロットの自動プレイ機能、ルーレットにおいて自分のスタイルを保存する機能など、オンラインならではの機能も搭載されており、楽しみ方は人それぞれ、千変万化、無限大です。
最初の入金時などにボーナスポイントをもらえたり、景品などが当たるプロモーションが開催されたりなど、嬉しい特典もいろいろついてきます。